1/72scale
  VF-X


 TV版マクロス第31話、若き日のフォッカーを思い出すクローディアの
回想シーンに登場。VF-1の試作機で、可変機能は持たないが、本編中
では、エンジンナセル部がバトロイドの脚部としてテスト変形シーンはあった。
 まさかこんなのまで立体化するなんて!?と思われるかもしれませんが、
マクロスクロニクルの購入対象者に販売された、やまとの1/60可変VF-1に
対応した物を見た事から、やった物勝ち状態で始めました。
 パーツ構成はやまとの物を参考にしたが、ただ参考にしただけではなく、
より本編登場版に近くする為、機体後部のスリット状のパーツも製作。
(やまとの物はスリット部はシールで表現されていた)

 ハセガワ製VF-1ファイターに対応したトランスパーツとして、ワンダー
フェスティバル2001冬にて出展。
VF-X,TESTのデカールも付属。

 グレーをベースに塗装するとほとんど現用機の様!






                                               





















     本体後部、垂直尾翼前のスリット部                


           






















ギャラリーへ


TOPページに戻る